ここでは、スペイン語の独習者のための教材についてふれています。
スペイン語を学ぼうと考えた時、英語や韓国語と違って教材の少なさに驚く人も珍しくありません。
本屋さんに行っても、スペイン語の参考書や教材は少なく、値段も高いものがほとんどです。

 

スペイン語を学ぶ時、オススメしたい教材は文法書です。
CD付の物も多く、しっかりと分かりやすく解説されているので基礎を飛ばすことなく学べます。
本自体が分厚くて、初心者が取りかかるにはやや壁が高く思えますが、基本はすべて書かれているので複数の教材を買う必要がありません。
複数の教材を購入すると、どうしても勉強方法で躓いてしまうケースが多くなります。
逆に1つに教材を絞ることで、他に目が映ることなく学べるので集中することが出来ます。
今までまったくスペイン語に触れる機会がなかった人は、入門編でも難しく感じる場合があるので、やさしいと書かれている文法書を探しましょう。
入門編よりもわかりやすく解説されているので、勉強しやすいでしょう。

 

独習でスペイン語を学んでいる人のためのサイトです。
スペイン語の独学.tokyo

 

スペイン語は、教材や参考書が店頭に置いていないケースも珍しくありません。
その場合は取り寄せてもらわないといけなくなりますが、取り寄せる教材を調べて自分に合っているかを確認しましょう。